収蔵する多彩な鳥のはく製を展示

市立函館博物館収蔵資料展
渡る鳥渡らない鳥

  • 展示
  • 自然

10/8(火)~6/14(日)

休館日あり

函館公園内の市立函館博物館で、鳥類のはく製を展示して渡り鳥や留鳥について解説。多彩な鳥を間近で観察できる。鳥がデザインされた刀の鐔(つば)のコレクションも展示。

市立函館博物館が所蔵する鳥類のはく製を季節ごとに展示し、「渡る鳥=渡り鳥」「渡らない鳥=留鳥」について解説する収蔵資料展。

日本では北海道でしか姿を見られない特別天然記念物のタンチョウ、赤い帽子をかぶっているような愛らしいクマゲラ(天然記念物)、威厳を感じさせるエゾフクロウなど、珍しい鳥を間近で観察することができます。

また、鳥を描いた古画や、鳥がデザインされた刀の鐔などの美術品も合わせて展示。鳥好きのかたに特におすすめです。

入館料は一般100円、大学生以下50円(日曜日は無料)で、同時に「函館の縄文」「箱館戦争」「昭和・なつかしの暮らし展」も開催中。函館公園で鳥を観察しながら立ち寄るのもおすすめです。

もっと読む
開催日2019年10月8日(火)~2020年6月14日(日)

※休館日:毎週月曜日、毎月最終金曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)、そのほか臨時休館あり

開催時間(4~10月)9:00~17:00(入館は16:30まで)、(11~3月)9:00~16:30(入館は16:00まで)
開催場所市立函館博物館

アクセス

料金一般100円、大学生以下50円 ※日曜日の観覧は無料
問い合わせ先市立函館博物館
TEL0138-23-5480
関連リンク
検索キーワード 予約不要雨天でもおすすめ市電から徒歩10分以内

Photo:hakobura 2019/10/18公開

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所市立函館博物館
所在地函館市青柳町17-1
アクセス市電 「青柳町」電停下車 徒歩7分
駐車場無料駐車場あり(公園駐車場は障がい者用4台のみ)
関連リンク
ページトップへ