箱館戦争の志士を語る書き下ろし

荒到夢形の講談
「箱館義士伝」

  • パフォーマンス
  • 歴史

5/11(土)

函館を拠点として活動し、地元のエピソードを自作自演する講談師・荒到夢形氏の一席。新政府軍の箱館総攻撃の日に合わせ、史実に基づいて書き下ろした講談を披露。

2019年は、箱館戦争(戊辰戦争最後の戦い)終結150周年。1869年(明治2)の旧暦5月11日(現在の暦で6月20日)、新政府軍による箱館総攻撃が行われ、土方歳三など多くの旧幕府軍の志士が命を落としました。この日にちなんで、函館で活動する講談師・荒到夢形氏による講談「箱館義士伝」が、函館 蔦屋書店で開催されます。

「箱館義士伝」は、150年前の史実に基づき、この日のために書き下ろしたもの。現在でも多くの人に愛される土方や、千代ヶ岡陣屋で徹底抗戦した中島三郎助親子などについて語ります。

(土方歳三像は土方歳三凾館記念館のもの)

もっと読む
開催日2019年5月11日(土)
開催時間13:30~14:30
開催場所函館 蔦屋書店

アクセス

定員・参加条件40名
料金参加無料(投げ銭歓迎)
事前予約不要
問い合わせ先はこだて検定合格者の会
TEL090-8108-0368(高屋敷)、0138-73-6871(山本)
関連リンク
検索キーワード 予約不要入場無料雨天でもおすすめ旬のピックアップイベント

Photo:hakobura 2019/4/12公開

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所函館 蔦屋書店
所在地函館市石川町85-1
アクセス「蔦屋書店前」バス停 下車 すぐ
駐車場無料駐車場あり
関連リンク
ページトップへ