ローカル線で函館の横夜景を鑑賞

道南いさりび鉄道
夜景列車

  • 体験

11/23(金祝)~12/25(火)

11/23~12/21の金・日、12/22~12/25

函館から湾岸~津軽海峡沿いを走るローカル線、道南いさりび鉄道の期間限定列車。車内を減灯し、函館山や市街地、夜空、夜の海などの車窓を楽しむ趣向。普通運賃で乗車可。

函館と木古内を結ぶ人気ローカル線・道南いさりび鉄道では、11月下旬からクリスマスまでの期間中、函館の横夜景と津軽海峡の車窓を楽しむ「夜景列車」を運行しています。

2018年の実施期間は、11月23日から12月21日までの毎週金曜日・日曜日と、12月22日から25日まで。16:24に函館を発車する128D列車と、19:00に木古内駅を発車する135D列車が対象です。2両編成の後ろの車両で、海沿いを走る上磯⇔札苅間で車内を減灯して運行します(運用車両の種類は、写真の「ながまれ号」とはかぎりません)。また、この対象列車に乗車すると、夜景列車乗車証を受け取ることができます(上磯⇔茂辺地間で配布)。

車窓からは、展望台に灯りがともる函館山、そこから一直線にのびる市街地の灯り(横夜景)、北斗市の工場夜景、夜空、夜の海、場合によってはイカ釣りの漁火(いさりび)などを眺めることができます(気象条件などによって見えないこともあります)。

予約は不要で全席自由、普通運賃で乗車できます(函館から木古内1110円、詳細は関連リンク参照)。函館発の128D列車に乗車すると、終点の木古内には17:28に到着。木古内駅前にある道の駅などで夕食を楽しみ、帰りも夜景列車を利用すれば、上りと下りで時間の違う風景を楽しむことができます。また、12月17日から24日の16~19時は、北斗市当別地区にあるトラピスト修道院の並木道のライトアップイベントがあります。渡島当別駅から徒歩約12分で並木道に到着するので、夜景列車を利用するのもいいでしょう。

もっと読む
開催日2018年11月23日(金)~12月21日(金)の金・日曜日、12月22日(土)~12月25日(火) 
開催時期の目安11月下旬~クリスマス頃
開催時間(往路)函館16:24発 (復路)木古内19:00発
開催場所函館駅(乗降推奨駅①)、木古内駅(乗降推奨駅②)、渡島当別駅(乗降推奨駅③)

アクセス

定員・参加条件なし
料金普通運賃のみ(函館ー木古内:大人1110円)。関連リンク参照
事前予約不要
問い合わせ先道南いさりび鉄道
TEL0138-83-1977
関連リンク
検索キーワード 予約不要旬のピックアップイベント

Photo:道南いさりび鉄道 2018/11/22公開

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
  • 開催場所②
  • 開催場所③
開催場所函館駅(乗降推奨駅①)
所在地函館市若松町12
アクセスJR函館駅構内
駐車場近隣に有料駐車場あり
開催場所木古内駅(乗降推奨駅②)
所在地上磯郡木古内町字本町531
アクセスJR函館駅から道南いさりび鉄道で約1時間
駐車場無料駐車場あり
関連リンク
開催場所渡島当別駅(乗降推奨駅③)
所在地北斗市当別4丁目2
アクセスJR函館駅から道南いさりび鉄道で約35分
関連リンク
ページトップへ