北海道を代表する民謡の全国大会

江差追分全国大会

  • パフォーマンス
  • 歴史

9月第3金曜~日曜

目安

函館から車で約1時間半の江差町で行われる、北海道を代表する民謡「江差追分」の全国大会。全国各地から約400人の唄い手が日本一を競う。江差三大祭りのひとつ。

この内容は前回開催時のものです

全国から選びぬかれた唄い手約400人が、日本一を目指して自慢の唄声を競い合う「江差追分全国大会」。江差追分発祥の地、みなみ北海道の江差町で開催されます。初日、2日目は、一般/熟年の部の予選会と、少年大会の一部。最終日となる3日目は、一般/熟年の部の決選会と、少年大会を開催。町は追分一色にそまります。予選会は入場無料、最終日は有料です。

1963(昭和38)年から開催され、民謡の全国大会としては最も長い歴史があります。江差追分は北海道指定無形民俗文化財認定、「姥神大神宮渡御祭と江差追分」は北海道遺産認定。北海道を代表する民謡として、江戸時代から長年にわたって唄い継がれています。

大会期間中、江差追分会館・江差山車会館は入場無料に(期間中、実演や道場などは休み)。

函館から江差町は車でのアクセスがおすすめで、函館中心部から車で約1時間半。新函館北斗駅から車で約1時間です(国道227号経由)。路線バスの場合は、函館駅前から江差ターミナル行き函館バスで、片道2時間20分ほどになります。

もっと読む
この内容は前回開催時のものです
開催時期の目安9月第3金曜~日曜
前回の開催日2018年9月21日(金)~9月23日(日)
開催時間(開演)8:30
開催場所江差町文化会館

アクセス

定員・参加条件なし
料金(予選会)観覧無料 (決選会)前売2000円、当日2300円
事前予約不要
問い合わせ先江差追分会事務局
TEL0139-52-5555
関連リンク
検索キーワード 予約不要雨天でもおすすめ旬のピックアップイベント

Photo:江差追分会事務局 2018/8/28公開

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所江差町文化会館
所在地江差町字茂尻町71
アクセスJR函館駅から車で約1時間30分 またはJR新函館北斗駅から車で約1時間
駐車場無料駐車場あり(約100台)
関連リンク
Googleマップで開く
ページトップへ