観光施設や公共施設を夜間開放

はこだてカルチャーナイト

  • 展示
  • パフォーマンス
  • スポーツ
  • 歴史
  • 体験

9月下旬の金曜日

目安

博物館や資料館、観光施設、消防・裁判所・放送局などを夜間開放し、施設内の見学や特別な体験が楽しめる。

この内容は前回開催時のものです

函館市内の博物館や資料館、観光施設、消防・裁判所・放送局などを夜間開放するカルチャーイベント。旧函館区公会堂や旧イギリス領事館など、観光施設の夜間無料開放や、各種体験プログラムなどがあり、函館を訪れる観光客のかたも自由に参加できます。

キャラメル・チョコレート工場の見学、はたらく車の展示、競輪のバンク走行体験、市電車庫での運転シミュレーターなど、家族で気軽に楽しめる企画が多数(定員のあるもの、事前予約が必要なものあり。リーフレット参照)。日本銀行函館支店の「1億円の椅子」も人気です。函館山ロープウェイの機械室など、普段は見ることができない場所の見学もあります。

参加施設をまわってスタンプを4つ以上集めると、景品がもらえます。当日は無料シャトルバスの運行があります。また、市電を無料で利用できる「はこだてカルチャーナイト市電無料パス」が2018年から登場。整理券を取らずに市電に乗車し、運転士にリーフレットを提示してパスをもらうと、当日17時以降、下車時にパスを提示して市電を無料で利用することができます。駐車場がない施設もあるので、シャトルバスや市電を上手に利用するといいでしょう。

一部の施設で入場料や参加費がかかる場合があるほか、施設によって終了時間が異なるので、詳しくはリーフレットでご確認を。2018年の事前予約は、9月14日(金)から受付開始です。

※2018年の開催は、9月6日に発生した北海道胆振東部地震による節電のため中止となりました。

もっと読む
この内容は前回開催時のものです
開催時期の目安9月下旬の金曜日
前回の開催日2018年9月28日(金) ※地震後の節電のため中止
開催時間17:30~21:00(施設によって異なる)
開催場所函館市国際水産・海洋総合研究センター(臨時駐車場)、函館地方裁判所(臨時駐車場)、はこだてカルチャーナイト本部(臨時駐車場)

アクセス

定員・参加条件施設によって異なる
料金施設によって異なる
事前予約一部要事前予約。9月14日から受付開始
問い合わせ先はこだてカルチャーナイト実行委員会
TEL0138-23-1181
関連リンク
検索キーワード 体験ありキッズにおすすめ旬のピックアップイベント

Photo:hakobura, Yasuhiro Sasaki 2018/8/29更新

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
  • 開催場所②
  • 開催場所③
開催場所函館市国際水産・海洋総合研究センター(臨時駐車場)
所在地函館市弁天町20-5
アクセスJR函館駅から車で15分
駐車場無料駐車場あり(約60台、17:30~20:30。シャトルバス運行)
関連リンク
Googleマップで開く
開催場所函館地方裁判所(臨時駐車場)
所在地函館市上新川町1-8
アクセスJR函館駅から車で7分
駐車場無料駐車場あり(約60台、17:15~20:15。シャトルバス運行)
関連リンク
Googleマップで開く
開催場所はこだてカルチャーナイト本部(臨時駐車場)
所在地函館市若松町12
アクセスJR函館駅から車で4分
駐車場無料駐車場あり(約220台、16:40~21:40。シャトルバス運行)
Googleマップで開く
ページトップへ