函館港弁天岸壁で、函館初公開

深海調査研究船
「かいれい」一般公開

  • 展示

大深度海域の調査に活躍する深海調査研究船「かいれい」の船内が、国際水産・海洋総合研究センター前の岸壁で一般公開される。入場無料。船は全長106メートル、定員60名。

この内容は前回開催時のものです

国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)所属の深海調査研究船「かいれい」の寄港を記念して、函館で初めて内部が一般公開されます。

「かいれい」は、世界トップクラスの最大潜航深度7000メートルまで潜航調査することができる無人探査機「かいこう7000II」の支援母船として運用され、深海や海溝域の総合的な調査研究を行っています。

停泊する弁天岸壁の前にある函館市国際水産・海洋総合研究センターでは、潜水調査船が見た深海生物のパネル展を同時開催。最新の海洋研究に触れられるチャンスです。「かいれい」のピンバッジの配布もあります(1人1個限定。なくなり次第配布終了)。

写真は、2017年開催の海底広域研究船「かいめい」一般公開の様子。

もっと読む
この内容は前回開催時のものです
前回の開催日2018年4月21日(土)~4月22日(日)
開催時間(21日)12:00~16:00受付終了、(22日)9:00~13:00受付終了
開催場所函館市国際水産・海洋総合研究センター前 弁天岸壁

アクセス

定員・参加条件なし
料金入場無料
事前予約不要
問い合わせ先函館市国際水産・海洋総合研究センター
TEL0138-21-4700
関連リンク
検索キーワード 予約不要キッズにおすすめ入場無料

Photo:JAMSTEC 2018/4/16公開

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所函館市国際水産・海洋総合研究センター前 弁天岸壁
所在地函館市弁天町20-5
アクセス市電「函館どつく前」電停下車 徒歩約15分
駐車場無料駐車場あり(110台。函館市国際水産・海洋総合研究センター駐車場)
関連リンク
Googleマップで開く
ページトップへ