日本最北の城下町で楽しむ桜

【開催内容変更】
松前さくらまつり

  • 自然

4月下旬~5月中旬

目安

国内有数の桜の名所・みなみ北海道の松前町でお花見。桜は約250種1万本あり、早咲き、中咲き、遅咲きと1カ月にわたって楽しめる。

この内容は過去開催時のものです

函館から車で2時間ほど、日本最北の城下町である松前町の松前公園には、約23万5000平方メートルの広大な敷地に、およそ250種10000本の桜が植えられています。白壁の松前城(福山城)と桜のコントラストは素晴らしく、歴史ファンにも人気。日本さくら名所100選にも選定され、全国から大勢の花見客が訪れます。

桜は早咲き、中咲き、遅咲きとさまざま。公園近くには、樹齢300年以上と言われる光善寺境内の「血脈桜(けちみゃくざくら)」、龍雲院の「蝦夷霞桜」、天神坂門の「夫婦桜」の「三大名木」もあり、特に人気。津軽海峡を見おろす高台の景色も素晴らしく魅力にあふれています。

2021年はステージイベントなどは中止で、飲食や物販は「松前城本丸広場」のみで行われます。

もっと読む
この内容は過去開催時のものです
開催時期の目安4月下旬~5月中旬
過去の開催日2021年4月24日(土)~5月9日(日)
開催場所松前公園周辺

アクセス

定員・参加条件なし
料金入園無料
事前予約不要
問い合わせ先松前観光協会
TEL0139-42-2726
関連リンク
検索キーワード 入場無料旬のピックアップイベント

Photo:松前観光協会, hakobura 2021/3/29更新

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所松前公園周辺
所在地松前郡松前町字松城
アクセス「松城」バス停下車 徒歩7分
駐車場有料駐車場あり(800台。1回500円)
関連リンク
ページトップへ