動物のはく製が大集合

収蔵資料展
博物館のどうぶつ園

  • 展示
  • 歴史

9/9(日)

休館日あり

函館公園にある市立函館博物館のユニークな企画展。収蔵資料から、動物のはく製を一挙展示。なかには、明治12年の開館当時から存在する貴重なものもある。

函館公園にある市立函館博物館の収蔵資料展。これまでに寄贈されて所蔵しているはく製100点以上が、一堂に会します。

ポスターにもなっている「キモ可愛い」メガネカイマンをはじめ、ヘビ(キングコブラ)とマングースの一騎打ちなど、見どころ満載。函館や北海道にゆかりのものもあり、なかでも貴重なのは、みやげとしても人気のハム・ソーセージの生みの親、カール・レイモン氏から函館市に贈られたライオンの2匹の子ども。函館公園で昭和15年に生まれて、残念ながら短い命でしたが、元気な姿が写真で残っています。

この展示は100円で観覧可能(月曜休み)。
もっと読む
開催日2017年9月16日(土)~2018年9月9日(日)

※休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、祝日、毎月最終金曜、臨時休館あり

開催時間(4~10月)9時~17時(入館は16時30分まで)、(11~3月)9時~16時30分(入館は16時まで)
開催場所市立函館博物館

アクセス

料金一般100円、大学生以下50円(日曜は無料。団体割引などあり) ※企画展開催中は、企画展観覧料が必要
問い合わせ先市立函館博物館
TEL0138-23-5480
関連リンク
検索キーワード 予約不要キッズにおすすめ雨天でもおすすめ市電から徒歩10分以内

2018/3/31公開

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所市立函館博物館
所在地函館市青柳町17-1
アクセス市電 「青柳町」電停下車 徒歩7分
駐車場無料駐車場あり(公園駐車場は障がい者用4台のみ)
関連リンク
Googleマップで開く

Photo:hakobura

ページトップへ