函館の歴史を振り返るロビー展

市立函館博物館
写真でたどる函館の百年

  • 展示
  • 歴史

7/8(金)~10/16(日)

休館日あり

函館市の市制施行100年を記念して開催される市立函館博物館のロビー展。市制施行から現代までの函館を撮影した写真を展示し、年表や実物資料とともに歴史を振り返る。

函館山のふもとの緑豊かな函館公園内にある市立函館博物館ロビーで、市制施行100年を記念した「写真でたどる函館の百年」展が開催されます。

函館は、明治以降の北海道区制による函館区から、1922(大正11)年8月1日に市制が敷かれ、みなみ北海道の拠点として栄えてきました。大正10年代の街の建物や、戦後のデパート開業など、市制施行から現代までに撮影された街の変遷を伝える写真パネル40枚が、年表とともに展示されます。

あわせて紹介される実物資料28点の中には、1927(昭和2)年にアメリカから親善のために贈られた函館市指定文化財の青い目の人形、1934(昭和9)年に湯川球場で行われた日米親善野球のサインバットやサインボール、戦後の高度経済成長期に函館の繁華街で活気のあった大人の社交場・キャバレー「未完成」のグッズも。函館の歴史を伝える数々の貴重な資料から、当時の様子をうかがい知ることができます。

もっと読む
開催日2022年7月8日(金)~10月16日(日)

※休館日:毎週月曜日、7月19日(火)、8月11日(木祝)、9月20日(火)、9月23日(金祝)、9月30日(金)、10月11日(火)

開催時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所市立函館博物館

アクセス

定員・参加条件なし
料金一般300円、大学・高校生200円、小中学生100円(函館市内の小中学生は無料)
事前予約不要
問い合わせ先市立函館博物館
TEL0138-23-5480
関連リンク
検索キーワード 予約不要雨天でもおすすめ市電から徒歩10分以内

Photo:市立函館博物館, hakobura 2022/7/11更新

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所市立函館博物館
所在地函館市青柳町17-1(函館公園内)
アクセス市電 「青柳町」電停 下車 徒歩7分
駐車場無料駐車場あり(公園駐車場は障がい者用4台のみ)
関連リンク
ページトップへ