【開催内容変更】
はこだて国際科学祭

感じて楽しむ多彩な科学イベント

【開催内容変更】
はこだて国際科学祭

  • 展示
  • パフォーマンス
  • 体験

8月最終日曜日までの9日間

目安

そのほかプレイベントなどあり

函館市内を中心とした会場開催やライブ配信で行われる多彩な科学イベント。講演会、サイエンスショー、テーマトーク、展示、実験教室など。親子で楽しめるものも多数。

この内容は過去開催時のものです

科学に親しみながら、知的好奇心が刺激されるイベント。環境、食、健康の中から毎年ひとつテーマが設定され、サイエンスショー、トークライブ、科学夜話、展示など、科学をキーワードとした多彩なプログラムが用意されます。

2022年のテーマは「食」。近年、みなみ北海道で生産が盛んになりつつある日本酒やワイン、100年後の食生活に関する企画、料理する際に使う電気の発電体験、紙の顕微鏡を組み立て、タマネギの細胞を観察する親子実験教室など、35のプログラムを予定。2020年、2021年は新型コロナウイルスの影響でオンライン中心でしたが、今年は屋外や会場で行うイベントが大半です(事前申込みが必要)。

夏休みの自由研究にもおすすめな屋外活動のプログラムもあります。貝塚から縄文時代の食生活を知り、実際に浜辺を探索しながら現代人との食を比べる「縄文時代の食を探る」や、函館の水の歴史を街歩きしながら学ぶ「函館の水の歴史をたどる」、海ゴミ探求・マイクロプラスチック問題を考える「大森浜ビーチコーミング」など、体感しながら知識を深めることができます。その他のイベントはこちらをご参照ください。

はこだて国際科学祭は、世界最大規模の科学祭「エディンバラ国際科学フェスティバル(英国)」のように、「地域の特色を生かしながら、街全体で楽しむ科学祭を」という趣旨のもと、2009年にスタート。映画祭や音楽祭のように、地域住民も観光客のかたも楽しめる内容です。

もっと読む
この内容は過去開催時のものです
開催時期の目安8月最終日曜日までの9日間

※そのほかプレイベントなどあり

過去の開催日(プレイベント)2022年7月9日(土)~8月14日(日) (本イベント)8月20日(土)~8月28日(日) (ポストイベント)8月29日(月)~9月19日(月)
開催時間内容によって異なる。詳しくは公式サイト参照
開催場所函館市青年センター ほか

アクセス

定員・参加条件プログラムによってあり
料金入場無料。一部のプログラムは有料
事前予約一部のプログラムは要事前申込み
問い合わせ先サイエンス・サポート函館(公立はこだて未来大学)
TEL0138-34-6527
関連リンク
検索キーワード 体験ありキッズにおすすめ入場無料雨天でもおすすめ年間おすすめイベント

2022/7/6更新

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所函館市青年センター
所在地函館市千代台町27-5
アクセス市電 「千代台」電停下車 徒歩1分
駐車場無料駐車場あり(2時間まで無料。台数に限りがあるため、なるべく公共交通機関の利用を)
関連リンク

Photo:サイエンス・サポート函館, hakobura

ページトップへ