縄文時代の集落跡をガイドが案内

大船遺跡ガイドツアー

  • 展示
  • 歴史
  • 体験

5/1(土)~10/31(日)

荒天中止

縄文時代の集落遺跡である大船遺跡で毎日10時と13時から実施される、説明員による定時解説。無料で遺跡の説明(ガイダンス)が受けられる。所要時間約30分、予約不要。

大船遺跡は、紀元前3500年から2000年頃にかけて縄文人が定住していた、函館市北部の南茅部エリアにある集落跡で、2001(平成13)年に国の史跡に指定されました。函館市縄文文化交流センターから5キロほど北西の、太平洋を見おろす丘の上にあります。

常時開放されていますが、期間中の10時と13時からは説明員による定時解説があり、誰でも無料で遺跡の説明(ガイダンス)が受けられます。茅葺き屋根や骨組み復元した竪穴建物、地面から深く掘り下げた竪穴建物跡などを巡りながら、年代による違いや発掘調査から分かった遺跡の特徴などを学ぶことができます。予約不要で、大船遺跡管理棟前に集合。所要時間は約30分です。なお、団体で解説を希望の場合は、事前に連絡をすれば、定時解説の時間以外でも可能な限り対応してくれるそうです。

函館市縄文文化交流センターや、センターに隣接する史跡垣ノ島遺跡と合わせて見学すれば、ますます縄文文化への理解や関心が深まるでしょう。

もっと読む
開催日2021年5月1日(土)~10月31日(日)

※荒天中止

開催時期の目安4~10月
開催時間10:00~、13:00~(各回30分程度)
開催場所史跡大船遺跡

アクセス

定員・参加条件なし
料金無料
事前予約予約不要。団体の場合は事前に相談を
問い合わせ先函館市縄文文化交流センター
TEL0138-25-2030
関連リンク
検索キーワード 体験あり予約不要入場無料

Photo:hakobura, 函館市教育委員会 2021/10/1更新

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所史跡大船遺跡
所在地函館市大船町575-1
アクセス「大船小学校前」バス停下車 徒歩10分
駐車場無料駐車場あり(駐車スペース約30台)
関連リンク
ページトップへ