世界遺産登録で注目の遺跡を解説

「大船・垣ノ島遺跡と
世界遺産」企画展

  • 展示
  • 歴史

6/26(土)~9/26(日)

休館日あり

世界文化遺産への登録で注目される「北海道・北東北の縄文遺跡群」のうち、函館市内の「大船遺跡」「垣ノ島遺跡」を中心に、出土した遺物などを展示して魅力を紹介。

2021年5月に世界文化遺産への登録が勧告された「北海道・北東北の縄文遺跡群」のうち、北海道内の構成資産にスポットを当てた企画展です。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の19の構成資産(関連資産を含む)のうち、北海道内の遺跡は6つ。このうち、「大船(おおふね)遺跡」と「垣ノ島(かきのしま)遺跡」の2遺跡は函館市北東部の南茅部地区にあります。

この企画展では、大船遺跡と垣ノ島遺跡を中心に、北海道内の縄文遺跡を解説し、出土した遺物などを展示して魅力を紹介します。

もっと読む
開催日2021年6月26日(土)~9月26日(日)

※休館日:8月9日、9月20日を除く月曜日

開催時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所市立函館博物館

アクセス

定員・参加条件なし
料金一般500円、大学・高校生300円、小・中学生100円
事前予約不要
問い合わせ先市立函館博物館
TEL0138-23-5480
関連リンク
検索キーワード 予約不要雨天でもおすすめ市電から徒歩10分以内

Photo:hakobura 2021/6/16公開

アクセス

ACCESS

  • 開催場所①
開催場所市立函館博物館
所在地北海道函館市青柳町17−1
アクセス市電 「青柳町」電停下車 徒歩7分
駐車場無料駐車場あり(函館公園の駐車場を利用)
関連リンク
ページトップへ